売られる通貨、買われる通貨を見極める

買われる通貨,売られる通貨

最新の通貨情報

為替相場では旬のテーマがある。そしてそれに沿い、買われる通貨、売られる通貨が決まってくる。まずは最新のテーマと、通貨情報をご紹介したい。

 

通貨ペア数

 

米国金利の上昇傾向や株高・リスク選好の流れを背景に堅調に推移する見通し。金曜日発表の米国雇用統計は豪雪の影響の反動で強い数字が予想されており、期待先行のドル買いも考えられる。また期末のリパトリが一巡する一方、新年度入りで機関投資家の外債投資意欲が高まると見られ、需給バランスも改善しそうだ。

 

日銀短観は大幅改善が予想されているが、日銀の出口戦略は視野に入っておらず、むしろ追加緩和を求める声が上がっていることから、予想を下回った場合のインパクトの方が大きくなるだろう。

 

通貨情報ユーロ

 

ギリシャの債務不履行やユーロ離脱といったハードランディング懸念が後退。ギリシャ国債に対する上乗せ金利が縮小し、4月から本格化する債務の借り換えが市場からの資金調達で賄える可能性も出てきた。ギリシャは今月中に50億ユーロ規模の国債を発行すると見られ、これが順調に消化されるかどうかが当面の試金石となろう。一方、米国雇用統計の上振れ期待もあり、対ドルでは上昇余地も限定的か。

 

通貨情報ポンド

 

中期的には国の景気下振れ懸念、財政悪化懸念や政局不透明感など不安材料が多が、目先はこれまで売られてきた欧州通貨を買い戻す動きや、株高・リスク選好の流れから堅調に推移する見通し。

 

通貨情報豪ドル

 

先週まで対ユーロで過去最高値をつけていただけに、目先は巻き戻し(ユーロ買い・豪ドル売り)が優勢か。しかしギリシャ危機沈静化や株高でリスク選好が高まっており、押し目買い意欲も根強い。来週のRBA理事会での利上げの可能性もくすぶっており、調整一巡後は買い妙味も出てこよう。

 

通貨情報カナダドル

 

米国の金利上昇や雇用統計上振れ期待から、対ドルは目先調整ムードだが、対円はリスク選好型の円売りが優勢となっており、上値をうかがう展開か。カナダ中銀が来月にインフレ見通しを引き上げ、7月にも利上げを開始するとの見方も浮上しており、上昇余地は大きいと見る。

 

通貨情報南アフリカランド

 

先週南アフリカ準備銀行(SARB)が予想外の利下げに踏み切り、マーカス総裁は「過度のランド高を懸念」と発言したが、下落余地は限定的だった。ギリシャ問題一段落や株高・新年度入りなどでリスク選好が高まっており、利下げしてもなお高金利の南アランドの需要は底堅い。また円の先安感が強まっていることから、円の対極にある高金利通貨が相対的に買われやすい局面と見る。